イベント紹介-【秋の鳴滝能~竹灯籠能~】

竹の灯りで観る敦盛-【秋の鳴滝能~竹灯籠能~】


来月11月11日の日曜日、京都市右京区の「杉浦能舞台」にて竹灯籠能という能のイベントが開催されます。

f0222722_18211689.jpg


「鳴滝能」とは、能楽師の杉浦豊彦氏が「能」を分かりやすく、親しんでもらいたいという思いで開催される能のことです。

普段ではなかなか見ることのできない能装束の着付けや、初心者向けの解説が行われた後に能を観るという進行で開催されるようです。

毎年定期的に開催されていて、こちらの方のようなレポート記事も検索すると出てきます。

*

今回の「鳴滝能」では、いつもの能舞台を「竹灯で照らそう」という企画です。

千年あかり

いつもより照明を落として、代わりに竹の筒の中に入れたLED照明によって「ろうそくの灯」で照らされているような空間を演出されています。

今回の演目は、織田信長が桶狭間合戦前に舞ったことでも有名な「敦盛」ということです。

なかなか「能」を観る機会は無いかと思いますので、11月11日がお休みでしたら是非足を運んでみてください。

本日は京都の竹にちなんだイベント紹介をさせていただきました。

[PR]

◆竹のしずくはフィトンチッドの香るヒノキ精油を用いた消臭剤です。◆


◆こんな記事もありました◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-10 18:23 | 竹あれこれ

臭いあれこれvol.10 「ヒノキの香り、フィトンチッド」


ヒノキの香り、フィトンチッド


フィトンチッドという言葉をご存知ですか?

バームクエヘン Hinoki cypress

「フィトンチッド」とは、「森林の香り」とも言われている物質のことです。

植物が傷つけられた時、傷ついた場所の微生物の活動を抑制するために発散されます。

1930年にロシアの学者が発見した物質で、植物(Phyto)と殺す(cide)という言葉からフィトンチッドと命名されました。

このフィトンチッド、香りだけでなく健康にも良いと言われています。

森林浴をすると健康が良くなるという話がありますが、これは植物が発するフィトンチッドに接することで健康につながっているのです。

由来に「殺す」という言葉が入るというすこし物騒なところはありますが、それは「菌」からみてのこと。

街中ではフィトンチッドに触れることは少ないですが、森林浴をする機会があればこのことを思い出してもらえればと思います。



[PR]

◆竹のしずくはフィトンチッドの香るヒノキ精油を用いた消臭剤です。◆


◆こんな記事もありました◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-09 18:12 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.9 「三連休中に読みたい、臭いの面白記事5選」


三連休中に読みたい、臭いの面白記事5選


明日から三連休に入りますね。
そんな本日の記事は、休み中移動時間などで少し時間ができたときにオススメな臭いについての面白記事を紹介します。
「すきま時間」を使いながら臭いに詳しくなっていきましょう!

◆1、次の日に持ち越さない!にんにくの臭いを消す方法


napinapiで紹介されている記事です。
f0222722_1428972.jpg

3連休前の金曜日、仲の良い人たちとホルモン屋で一杯というのも楽しそうです。
ですが、ホルモンや焼肉などはにんにくの臭いが翌日に残りがち。

翌日には臭いを消したいが、にんにく料理を食べたい方におすすめの記事です。

◆1、次の日に持ち越さない!にんにくの臭いを消す方法◆


◆2、手についた魚介類の生臭いにおいを消す方法を教えてください。


今度はYahoo!知恵袋より。
f0222722_14314870.jpg


秋刀魚に鰹に金目鯛、、
どれも秋に旬が訪れる魚です。(参考:秋が旬の魚のカレンダー

しかし魚を調理するとなるとどうしても手に生臭さが残りますね。
この質問に対する回答がなかなか参考になりますので、調理を考えられている方はぜひご覧下さい。

◆2、手についた魚介類の生臭いにおいを消す方法を教えてください。s◆

◆3、利用始まった「悪臭弾」:デモ隊や日本の捕鯨船に使用


こちらはwired.jpより。
スカンク登場。ネコの餌をお勝手に置いておいたら、スカンクが食べに来た。近寄るとお尻を上げてこちらに向ける。やめてー!家が使えなくなるよ。
「臭い」が暴動・デモの鎮圧に用いられているという内容の記事です。

記事によると、スカンクの臭いをもとに作られたものがイスラエルで用いられているようですが、かなり強烈な臭いがするようです。

◆3、利用始まった「悪臭弾」:デモ隊や日本の捕鯨船に使用◆

◆4、メ肉球のにおい、どんなニオイ?


こちらはNEVERまとめの記事からです。

f0222722_14415660.jpg


犬や猫の肉球、私は臭いをかいだことがないのですが、様々な臭いがするようです。

おそらく実際に臭いをかがれた方がコメントされているようですが、興味がある方は一度実際にかいでみては?

◆4、肉球のにおい、どんなニオイ?◆

◆5、汗をかく前にしておく匂い防止法


最後は再びnapinapiから。
f0222722_1445564.jpg


「スポーツの秋」とも言われますので、3連休思いっきり体を動かす予定の方も多いのではないでしょうか。

運動をして汗を流すのはとても気持ち良いことなのですが、やはり家に帰るまでの間「汗の臭い」が気になりがち。

そんなときのために参考にできる記事ではないかと思います。

◆5、汗をかく前にしておく匂い防止法◆

最後に


いかがでしたでしょうか?

紹介した記事のうち1つでも連休の過ごしかたに役立つことができればいいなと思います。

それでは、よい週末を。


[PR]

◆竹のしずくは竹の亜臨界抽出液を用いた消臭剤です。◆


◆参考にした記事など◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-05 17:30 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.8 「木酢液と燃料電池、メタノール」


木酢液と燃料電池、メタノール



「DMFC」という言葉をご存知でしょうか?

NISSAN X-TRAIL FCV

3・4年前に東芝がモバイル機器向けに実用化されたもので、「直接メタノール燃料電池」の略称です。

「Direct Methanol Fuel Cell」、頭文字を並べて「DMFC」ですね。

バイオ燃料や水素を用いたものに比べて燃費がよくないと言われているため、バイオ燃料電池や水素燃料電池に比べて実用化されることは少ないみたいです。

現在電気自動車が、外出中にも充電できるような仕組み作りなどによって数を増やしているようですが、電気自動車の次に来るのはこの燃料電池自動車ではないでしょうか。

この燃料電池は燃料に「メタノール」を用いているのですが、このメタノール、もとを辿るとなんと「木酢液」にたどり着くのです。

◆メタノール・木精・木酢液



メタノールは接着剤やホルマリンの原料、そして燃料などに用いられるアルコールの一種です。

身近なものでは「アルコールランプの燃料」などもメタノールが使用されています。

このメタノール、別名で「木精」というものがあります。

これは、メタノールがかつて木材から作られていたからなのです。

木酢液を蒸留する際に、微量ながらメタノールを抽出することができます。

かつては木材を蒸留してメタノールを製造していたということなのです。

現在はコストや効率の面の事情のために、石炭や天然ガスから作られているとのことです。

工場で製造されているメタノールも、昔は手作りで作られていたということですね。

ちなみにこのメタノール、別名の1つに「メチルアルコール」というものもあります。

f0222722_18313632.jpg


飲用すると中毒によって失明することが多かったため、「目散るアルコール」という当て字などもあります。

第二次世界大戦の頃には密造酒にメタノールが使われることが多かったようです。

日曜の夜でおなじみのサザエさんでも、カツオは波平がメチルアルコールを飲んでいることを書初めで揶揄するというエピソードがあるそうです。

おそらく漫画のほうに掲載されているのではと思いますが、興味があるかたはぜひ探してみてください。



[PR]

◆竹のしずくは竹の亜臨界抽出液を用いた消臭剤です。◆


◆参考にした記事など◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-04 18:32 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.7 「足の臭いとリンゴの芳香、イソ吉草酸」


足の臭いとリンゴの芳香、イソ吉草酸



イソ吉草酸とは、足や汗、加齢による口臭の原因物質して知られている悪臭物質です。

f0222722_17512910.jpg

同時にチーズの香りでもあるという風に言われていますが、これは濃度の違いから来ているものではないかと思われます。

靴下を洗わずに放置すると物凄い悪臭がしますが、それはこのイソ吉草酸が原因なのです。

ちなみにこのイソ吉草酸の臭いが不快だと感じること、これは4~6歳のころの経験によって「不快なもの」だと認識するようになるそうです。
(参考「匂いと香りの科学」朝倉書店 2007)


実はこのイソ吉草酸、「あること」をすると香料に用いられるような物質に変わることをご存知でしょうか?

◆イソ吉草酸エチル~エタノールが悪臭を芳香に



f0222722_17595612.jpg


悪臭物質であるイソ吉草酸。

ここに硫酸とエタノールを混ぜ合わせると、なんと悪臭からリンゴのような芳香に変わるのです。

これはイソ吉草酸とエタノールが、硫酸を触媒にしながら反応し、「イソ吉草酸エチル」という物質に変化するためです。

イソ吉草酸エチルはリンゴのような芳香がする物質で、パイナップルやイチゴなどの果実の中に存在します。

食品添加物としても利用されているみたいですね。

悪臭物質が、芳香の素になる。

なんとも不思議な話ですが、変化させるためには「硫酸」が必要です。

危険ですので、靴下の臭いを消すためにこの反応を実施するのは絶対にやめてください。



[PR]

◆竹のしずくは「イソ吉草酸」にも効果的な消臭剤です。◆


◆参考にした記事など◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-02 18:01 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.6 「紙おむつとマイマイカブリ、アクリル酸」

10月になりましたね。
9月は全部で17件の更新でした。

今月も引き続き、様々な臭いについての記事をお届けいたします。


紙おむつとマイマイカブリ、アクリル酸


f0222722_14364971.jpg



先日爆発事故があった日本触媒、そこで製造されていたのは高吸水性樹脂「SAP」の原料となる「アクリル酸」や、「トルエン」などでした。

アクリル酸は、高吸水性樹脂の他にも接着剤などにも利用されています。

便利な化学物質なのですが、毒物劇物取締法で「劇物」と指定され、消防法でも「危険物」に分類されている危険なものでもあります。

先日の事故でも、「アクリル酸の異常反応から発火したのではないか」という説もあります。


このアクリル酸とよく似た物質を体内に持つ生き物が日本にはいます。

それは「マイマイカブリ」という昆虫です。

◆やっかいな日本固有種、マイマイカブリ


サドマイマイカブリ

このマイマイカブリ、殻の中に引っ込んだカタツムリを食べる姿が「マイマイ(カタツムリ)を被っている姿」に見えることからこの名前が付けられました。

マイマイカブリは人間などに捕まえられると、「アクリル酸」の一種である「メタクリル酸」「エタクリル酸」という成分を含む液体を噴射します。

この液体は強い酸性であるため、皮膚に触れると強い痛みを感じます。

多量につくと、灼熱感や黒く痕に残るようなカサブタができたりしてしまうため、「有毒害虫」に分類されています。

何故か美術関係の方に人気がある虫だということですが、噴射される液体に爆発事故の原因に近い物質が含まれていると思うとゾッとしますね。



◆竹のしずくは、おもてなしのプロが認めた天然の消臭剤です。◆


◆参考にした記事など◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-10-01 14:37 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.5 「顔をしかめる?フレーメン反応」

3500円のカツカレー話題になりすぎて創業以来初の売り切れ閉店となったそうですね。

本日の記事は、「臭いに対する反応としてもっとも有名なもの」についてご紹介します。


顔をしかめる?フレーメン反応



フレーメン反応?

皆さんはネコが顔をしかめる動画を見られたことはありますか?

私はテレビの面白ビデオ紹介にて、靴の中に顔を突っ込んでいるネコの動画がとても印象的でした。

あのようなネコが顔をしかめる動作のことを、「フレーメン反応」とよばれています。

フレーメン反応とは、臭いに反応して唇を引き上げる生理現象のことです。

ネコのほかに馬や牛そしてゾウなどにもある現象だそうです。

飼育されているネコの場合ですと、タバコの煙や揮発油の臭い・そして靴下やおしっこの臭いなどに反応します。

靴下猫

事例を列挙しますと、「くさい・刺激的な臭い」に反応するようにも思えますが、実は違います。

フレーメン反応は、異性のフェロモンを判別しようとする反応なのです。

ですので、靴下や靴の臭いでフレーメン反応が起きたときは、ネコにとってフェロモン的なものを感じてられているかもしれませんね。

ちなみにリアクションがすごく面白いので、是非動画でご覧下さい。



◆竹のしずくは、おもてなしのプロが認めた天然の消臭剤です。◆


◆フレーメン反応の面白動画◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-09-28 18:35 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.4 「カレーとカメムシ、まさかの共通項」

3500円のカツカレーが話題になっていますね。
FacebookやTwitterの方で紹介しましたが、カレーの臭いは「クミンアルデヒド」というアルデヒト系の物質に由来しているそうです。

本日の記事は、同じような香辛料系の臭いがするという物質についてご紹介します。


カメムシは香辛料臭?青葉アルデヒド



@ Go Go Curry メジャーカレー(ゴーゴーカレー, 上野御徒町店)

カレーの香辛料系の臭いはクミンからくる「クミンアルデヒド」という物質からきます。

同じように香辛料系のにおいがすると言われているのが「青葉アルデヒド」という物質です。

この物質、酸化前は「青葉アルコール」という物質で木の葉やハーブ油などにも含まれているそうです。

そして「青葉アルコール」をもっている生物がいるのですが、それがなんとカメムシ

カメムシと赤ちゃん

カメムシの場合は放出する濃度が余りに多いため、不快で堪らなくなる臭いになるということなのです。

カメムシの臭いも、カレーの臭いも、元をたどれば同じアルデヒド系の臭い物質。

濃い薄いでここまで好き嫌いが分かれるのも不思議な話ですね。



◆竹のしずくは、おもてなしのプロが認めた天然の消臭剤です。◆


◆こんな記事もありました。◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-09-27 19:18 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.3 「大地の臭い、ジオスミン」

昨日のブログは、「雨の降る前の臭い」についてでした。
本日の記事は、もうひとつの雨の匂い「ジオスミン」という物質に触れてみます。
この物質は、ペトリコールよりも生活に身近なところに存在する「悪臭の素」でもあります。


雨の臭い、ジオスミンとペトリコール



f0222722_16493784.jpg


雨が降った後にする、少し水が腐ったようななんともいえない臭い。

これは「ジオスミン」という物質が発生するからです。

土の中のバクテリアや細菌によって発生する物質で、「カビ臭」の原因とも言われています。

「ジオスミン」は雨が降ると、土の中から大気に放出されます。


またこの「ジオスミン」、コイやナマズといった淡水魚の「泥臭い」臭いの原因でもあります。
f0222722_1647188.jpg


水底に住む魚は、藍藻を食べることがありますが、この藍藻からジオスミンは発生します。

これが魚の皮膚や血液の中に濃縮されるため、「淡水魚は泥臭い」ということになるのです。

ちなみにこのジオスミン、酸によって分解される性質があります。

ですので、「魚が泥臭い」という際には酢のような酸性の調味料を使用することをオススメします。




◆竹のしずくは、おもてなしのプロが認めた天然の消臭剤です。◆


◆こんな記事もありました。◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-09-26 16:49 | 臭いのあれこれ

臭いあれこれvol.2 「雨の臭い、ペトリコールとジオスミン1」


雨の臭い、ジオスミンとペトリコール



緑の多い地方で雨が降りますと、独特の臭いがすることがありませんか?

f0222722_17123296.jpg


実はあの臭い、ある化学物質からする臭いなのです。

雨が降る前の臭い、これは植物が土に発する油分で「ペトリコール」という名前の物質です。

英語でPetrichorと書かれ、ギリシャ語の「石のエッセンス」という意味だそうです。



この物質は雨が降らない間に土に向けて発せられています。

雨が降りそうになり、湿度がだんだんと上ってくると、土の中の鉄分と反応を始めます。

ペトリコールと鉄分が反応すると臭いが発生され、これが雨の時の臭いだと言われています。

実際に雨が降り始めますと、雨が土の中の油分を洗い流してしまいます。

ですので雨の時の臭いは、雨が止む頃にはなくなっているんですね。

ペトリコールは植物から発せられる物質ですので、コンクリートの多い都市部ではあの「雨の臭い」を感じることは難しいかもしれません。

f0222722_17103520.jpg


このペトリコールの他に、「大地の臭い」という意味の「ジオスミン」という物質が発生するときもあります。

こちらについては、また明日。



◆竹のしずくは、おもてなしのプロが認めた天然の消臭剤です。◆


◆こんな記事もありました。◆

[PR]
# by takenoshizuku | 2012-09-25 17:10 | 臭いのあれこれ


京都生まれの消臭剤。手作り・少量生産の消臭剤で、全国の一流ホテル・旅館に卸しています


by takenoshizuku

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

最新の記事

会社帰りのサラリーマンにオス..
at 2012-10-24 17:34
こんなものが香水に?不思議な..
at 2012-10-23 17:06
竹についての面白記事3選
at 2012-10-22 17:46
ご存知ですか? 加齢臭「ノネ..
at 2012-10-19 18:02
ご存知ですか? 加齢臭「ノネ..
at 2012-10-18 18:18

カテゴリ

全体
【竹のさと通信】
【お客様の声】
【環境に良い情報】
【除菌実験レポート】
カビ観察日記
竹あれこれ
ホテル小噺
臭いのあれこれ
その他
【カイワレ観察日記】
tento

検索

tentoオンラインショップ

以前の記事

2012年 10月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

メモ帳

タグ

その他のジャンル

画像一覧